学科紹介

 


機械科

旋盤という円柱状の金属に刃物を当てて様々な品物を1/1000mmの精度で仕上げる機械があります。

各種大会に出場する生徒もおり、全国一に輝いた生徒もいます。宮城県内の高校では唯一所有している、キュポラという自慢の鋳造装置があります。溶融金属となった鉄を型に流し込んで製品を作ります。

体を張ったこの実習が終わると皆充実感でいっぱいになります。3D-CADという三次元の製図用コンピューターがあります。資格試験に取り組んだり、デザインコンテストに参加したり、様々に活用して楽しんでいます。

他にエンジンの分解組立や溶接、電気、鍛造など、ものづくりに関する様々な分野の学習をします。


電子機械科

機械・電気(電子)・情報・制御に関連する分野の基礎的な知識と技術を総合的に学習しています。

3年生の課題研究という授業では、今まで学習してきた内容を基に、材料を工作機械等で加工し、物を動かすための制御回路を作り、マイコンやPCにプログラムを打ち込んで、
作品を作って動かしていきます。

課題研究では、自分達で製作したい物を作らせています。今年は、画像の他にもホバークラフトやエフェクター・ゲーム制作なども行っています。

実習では、電子機器組立3級(技能検定)の実技を学習したり、キットテスタ製作、コンピュータの制御、機械工作の基礎・応用、アプリケーション、CAD、シーケンス、メカトロ実習なども行っています。 科独自の行事としては、専門学校、上級学校での体験学習や工場見学なども行っています。

ぜひ、夏休みに行っている学校説明会に参加してみてください。


電気科

電気の発生から応用までの各種産業分野で対応できるように,電気の基本的な知識や技術(電気の流れる仕組

みや数万ボルトの電気の取り扱い方など)を3年間で学びます。

実習では1年生からハンダ付けの指導や電気工事に必要な基礎作業(電工ナイフの使い方や配線の仕方)を学

び、2年生では実際に壁材に配線をする電気工事実習を行います。また、モータの分解や特性の測定、ラジオ

などを構成している電子回路の実習など電気に関しての幅広い知識を学ぶことができます。

3年生ではさらに専門的なロボット制御や変圧器の実習などを含め実践的な知識を学習します。また,3年間

を通してコンピュータ実習を行い、ワープロからデータベースやCADなどを学び、社会に即戦力となる力を養

成します。

特に電気工事に関しては,国家試験に合格すれば,一般の住宅の電気工事(屋内配線や器具の取り付けなど)

もできるようになる技術を学べますので、将来に大いに役に立つはずです。ぜひ、電気科に入学して電気のプ

ロの知識と技術を学んでください。


インテリア科

インテリア科は、学校創立以来100年間の伝統を引き継ぐ学科です。 創立当初は、漆工科として設置され、

その後,木材工芸科,工芸科と改称し,昭和48年(1973年)にインテリア科(男女共学)となりました。

以来,インテリアと建築、デザイン、木工について学び、社会で活躍する人材を育成しています。

本学科は主にインテリア、建築、デザイン、木工の4つの分野について専門的に学習します。

インテリア・建築の分野では、製図の基礎,基本設計や模型製作、インテリアコーディネートなどを、デザインの分野では、デザインの基礎である造形、デザイン技術、グラフィックデザインなどを、木工の分野では、家具の製作などを通し、ものづくりの基本と応用を学びます。イメージをカタチにする知識と技術を学習します。

在学中にCAD利用技術者試験、CG検定、色彩検定、トレース技能検定、レタリング技能検定、2級内装士(3年生のみ)などの資格を取得することができます。また、卒業後実務経験3年(または[※注]4年)で2級建築士の受験資格が得られます。 [※注…3年時に選択する科目により実務経験年数が異なります]


化学工業科

 

化学産業分野は、ファインセラミックス・半導体・ガラス・石油・染料・医薬品・食品など多岐に渡ります。このような分野において、製造・試験・検査・研究・技術サービスなどの業務に従事するための技術者として、必要な知識・技術を習得するのが化学工業科です。

学習内容は、工業化学・化学工学・工業計測・環境・バイオ・電気・情報・製図などの基礎理論、製造化学・定量分析・プラント、機械的な分離精製操作・水質や大気などの化学分析・データ解析、自動制御に必要なコンピュータや情報などの実験実習を通して高度な知識や技術を習得します。

工場見学を各学年(2社見学)で実施しています。最近では、宮城県産業技術センター、jx日鉱日石エネルギー、日本製紙、東北リコーなどを見学しています。したがって、3年間で6社の工場見学ができます。

また、インターンシップ(職場体験)は、2学年の希望者で実施しています。いずれも、進路選択をするときに大変参考になります。さらに、外部の専門家による講演を行ったり、専門学校で情報などの研修を実施して、最先端の知識や技術を学んでいます。

 

 


情報技術科

「プログラミング」「ネットワーク」「組み込み」等について、コンピュータの基礎から応用まで幅広い分野を学びます。

プログラミングは学科専用のコンピュータ室を活用し、1年生からc言語を用いたプログラミング学習を行います。c#言語を用いたguiプログラミングも2年生から学習します。3年生になる頃には一定レベルのアプリケーションを作成できます。

更に専用のサーバを設置しており、コンピュータネットワークに関する知識も学ぶことができます。また「ソフト」のみでなく「ハード」分野についても学ぶため、各種計測実習や製作実習も行います。

授業はもちろん、計測機器を用いて様々な計測を行ったり、部品から電子回路を製作しプログラムを転送するような実習もあります。

AVR、R8Cといったマイクロコンピュータを用いた組み込み実習は1年生から学習し、3年時には液晶や温度センサーを制御出来るようになります。

この他にも、「データベース」「プレゼンテーション」「画像処理」「電子回路」「電気」「通信」などといった学習も行います。

ページの先頭へ